【ニュース】国の借金1100兆円=1人当たり885万円-財務省

財務省は8日、国債と借入金などを合計した「国の借金」が、2018年12月末現在で1100兆5266億円と過去最高を更新したと発表した。

8月1日時点の人口(1億2435万人)を基に単純計算すると、国民1人当たりの借金は約885万円で、昨年9月末の前回発表時から7万円増加した。

国の借金総額は前回から8兆7581億円増加し、このうち国債が7兆7979億円と大半を占めた。

増税前などに必ず出てくる財務省お手盛りの記事(笑)
国民が国に貸し付けているのに、何故か国民の借金として計上している愚行。
借金だけにフォーカスを当てているので、実際は資産も数百兆円あります。

ただ借金が膨らみ続けているのは事実で、どう処理するつもりなのか興味のあるところです。
例えば、年2%の物価上昇が実現できていたとしたら、10年でモノの値段が100円⇒120円になり、借金額は額面は変わりませんが1000兆円 ⇒ 800兆円に目減りします。
これが政府の狙いだったのでしょう。

もはやこれだけの借金になるとインフレでお金の価値を棄損させ借金の額を減らすか、国家デフォルトして紙幣を無価値にしてしまう(ハイパーインフレ)しか、選択肢は残されていません。

ただ、アメリカをはじめとした多くの国が借金まみれで紙幣を刷りまくり、その場を凌いでいるのが現状です。ここらで全世界的に通貨リセットという裏技もあるかもしれません。
その際は間違いなく金(ゴールド)をベースとした金本位制になります。今の通貨は金の裏付けのない偽物のお金です。だからいくらでも刷ることができるのです。

リーマンショック時にアメリカは本当は破産していました。それをヘリコプターマネーよろしくドル紙幣を刷りまくり、リーマンに責任を押し付けて各銀行を救済してしまいました。
まさにドル紙幣は打ち出の小槌のごとく、危機を救ってきました。いわゆる禁じ手です。

その綻びが徐々に出始め、今はもう希薄化したマネーで溢れかえり、商品の値段も上がり始め、ペーパーマネーがいよいよ本物の紙切れになるときが近づいているように思われます。

見えない税金=インフレが資産を蝕むのも時間の問題と思われ、銀行に預けているだけでは確実に目減りしていきます。
ここに気づけるかどうか、行動できるかどうかが、将来を決めることになりそうです。