【ニュース】英国、デジタル税導入へ

英国は29日、グーグルやフェイスブック<FB.O>、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>などオンライン大手を対象に新たな「デジタルサービス税」を導入する計画を明らかにした。

オンライン大手が英国のユーザーから稼ぐ収入を対象に2020年4月から2%の税を課す。

ハモンド財務相は予算に関する演説で「デジタルプラットフォーム事業が英国内で大きな価値を生み出しながら、その事業について英国で税金を払わないのは明らかに持続不可能で、不公平だ」と述べた。

スタートアップ企業ではなく大手が税を負担するような仕組みにする考えも示した。

新税は世界の売上高が年間5億ポンド以上の黒字企業が対象となる見通しで、年間4億ポンド(5億1200万ドル)超の税収を見込む。ハモンド財務相は、検索エンジンやソーシャルメディア、ネット通販などのプラットフォームが対象になると説明した。

もはや取れるところから取るという発想でしょうか。あまりにも大きくなりすぎたIT企業をこのまま野放図にしておくのは危険と判断してのことだと思いますが、英国に続いて他の国も追随する可能性があります。まあ日本は属国なのでそんなことはできないですが。

世界勢力的には「英国 > 米国 > 日本」となっているからこそ今回の課税は実現したのだと思います。大手IT企業がどういった手を打ってくるのか見ものです。