【ニュース】24時間の即時振り込み開始=三菱UFJ銀など64行で

全国銀行協会は9日、金融機関の間で送金データを24時間・365日体制で処理するための新システムを稼働させた。これを受け、102行が他行宛て振り込みについて即時入金できる時間帯を土日を含め少なくとも午後9時まで延ばした。このうち、三菱UFJ銀行など64行が24時間対応になる。三井住友銀行は日曜夜から月曜朝までを除き、いつでも即時振り込みができるようになった。

延長時間帯の手続きは、現金自動預払機(ATM)やインターネットバンキングが中心となる。信用金庫と信用組合の多くも即時振り込み可能な時間を延長しており、顧客の利便性が高まる。

旧システムの稼働時間は平日の午前8時半から午後3時半まで。金融機関が午後3時以降に受け付けた他行宛て振り込みは、翌営業日に処理されていた。

新システムに当初から接続した銀行は全体の約75%で、参加金融機関は順次拡大する見込み。みずほ銀行は自行のシステム移行完了後に、JAバンクは2019年以降にそれぞれ参加する予定。

10/9(火) 17:00配信 時事通信

これは明らかに仮想通貨を意識しての対応かと思われます。
これだけ便利な世の中になっているのに午後3時以降は翌営業日対応というのは何かの冗談かと思えるほどです。

将来的に紙幣は廃止され、仮想通貨含む電子マネーが主流になっていく中で銀行はどう生き残っていくのか?銀行の将来を見限って退職する人も多いと聞きます。これからの銀行の巻き返しを見守りたいと思います。