【2018年12月】大きく動きそうな仮想通貨・株式相場

仮想通貨編

2017年12月 1BTC(ビットコイン)200万円がピーク

去年(2017年)の12月、仮想通貨ビットコインが200万円を超え、放送された特集です。

「寝ているだけで朝起きたらお金が増えている」

私も経験しました。1日100万円ずつ騰がっていく異常な状況を。

結局、これが放送された時がピークでした。
ここから200万円 ⇒ 40万円まで暴落しました。
まさかこの放送を見ているときに1年後にこんなことになっているとは思いませんでした。
ゆえに利確に失敗し、利益はほんのわずかです。

1年間ずっと下がり続けたので、最近は諦めの境地に達しており、いくら下がろうが静観を決め込んでいました。
が、さすがに購入価格を下回ってくると焦りますね。なんであの時売らなかったのだろうという後悔しか出てきませんが。。

そして今、下がり続けた仮想通貨市場には去年の高騰時に参入した出川組をはじめ、大半の人は負けている状態で、撤退した人も多数いるのは想像に難くありません。私自身、撤退しようと思ったくらいですから(しかし、撤退できないヘタレですw)。

2018年は下がり続けたまま終わるのかと思っていた矢先、

  • ビットコインの下げ加速、過去最悪の下落局面に近づく
  • 仮想通貨売りに終わり見えず、ビットコインは4000ドル接近
  • 仮想通貨、今年最悪の1週間-時価総額はピークから7000億ドル減少

など、メディアで仮想通貨の総悲観ぶりが連日ニュースになるようになりました。

2018年12月 1BTC(ビットコイン)40万円が底値

つまり、メディアで総悲観になったときがおそらく底値です。
また下がっていく可能性も否定できませんが、ここからは上がっていくと思っています(希望的観測もありますが・・)。

下記は著名人による2018年度末のビットコイン価格予想です。

2018年末 ビットコイン価格予想

2018.09.09

軒並み1ビットコイン200万~500万円の予想をしています。
このまま1ビットコイン30万円とかで終わったら、大恥を掻くこと必須です。
相場は読めないものですが、仮に30万円で終わったとして500万円と予想した人はなんと釈明するのでしょう。

仮想通貨の今後
1BTC40万円を底とし、上昇していく可能性が高い

株式編

【原田 武夫氏】仮想通貨暴落と日本株「二番底」


こちらは、当ブログでよく引用させてもらっている原田 武夫氏の動画です。
回し者でもなんでもないですが、毎回参考にしています。

今回の動画の中で、

「これからしばらくすると12月25日ごろの2番底目指して株価が下落していく」

とあり、現在の中央銀行システムの限界が意識され、法定通貨から仮想通貨市場へ資金がなだれ込む可能性があるとのこと。

今までは株価と仮想通貨は連動していましたが、直近は株価が上昇、仮想通貨が下落しています。
それがこれから株価は下落、仮想通貨は上昇に変化。敬遠されがちな仮想通貨市場に現在開発されているセキュリティの完璧な暗号資産が現れ、そこに資金が殺到する・・

2番底になったにもかかわらず、量的緩和をやめないアホな国が一つだけある。それが我が国だ。
資金が日本に注ぎ込まれるが、でも途中から不動産マーケットが下がり始め、消費税が上がり、2020年を超えるあたりから、“サヨナラ、ニッポン!”という展開になる

日本の近未来は明るくないようです。
増税している場合ではないのは誰が見ても明らかです。

株式の今後
月末の2番底目指して暴落する可能性が高い

つまり、今月の見立ては、
仮想通貨 ⇒ 徐々に上がり始める
株式 ⇒ 一度暴落する 買うなら下がったところで
ということになりそうです。

法定通貨(現在使われいるドルや日本円など)を揺るがすほどの暴落とは如何なるものになるのでしょうか、想像もつきませんが。
ただ、現在の借金を重ねて紙幣を刷りまくり延命を続ける経済は限界を迎えていることは確かです。なるべく日本円以外の価値ある何かに替えていこうと思います。