【日本株式】 いちごホテルリート投資法人2018年7月期の分配金は2,672円でした

いちごホテルリート投資法人(3463)

いちごホテルリート投資法人は、ビジネスモデルを最大限活用してホテル用不動産等に投資を行う「ホテル特化型リート」です。

いちごホテルリート投資法人が第6期決算を発表、1口当たり実績分配金は3,352円

いちごホテルリート投資法人が、第6期(2018年7月期)決算を発表した。第6期における物件取得はなし。ホテルの売上げ増による変動賃料の増加が寄与し、前期比1.5%増益、1口当たり分配金は3,352円となった。期末のポートフォリオは21物件、資産規模(取得額合計)は509億円、有利子負債比率は39.1%。第7期(2019年1月期)は「コートホテル倉敷」を取得、「スマイルホテル浅草」を売却する。スマイルホテル浅草の売却益694百万円により、前期比62%増益を見込み、1口当たり分配金は5,429円となる見通し。第8期(2019年7月期)は、前期の物件売却益がなくなるため、前期予想比40%減益を見込み、1口当たり分配金は3,243円となる見通し。

いちごホテルリート投資法人 第6期決算

  • 営業収益 1,814百万円
  • 当期利益 854百万円

1口当たり分配金 ・・ 3,352円

ポートフォリオマップ

1口当たり分配金の推移

分配金(税引き後)・・ 2,672円

J-REIT(Jリート)を知る

2018.10.14